特色と活動

がん診療連携拠点病院

当院の活動

act

がん相談支援センター

act

 当院を受診もしくは他の病院を受診している患者さんやご家族など、どなたでも「がん相談支援センター」を利用することができます。
 看護師・医療ソーシャルワーカーがお話を伺い、問題解決のお手伝いをさせていただきます。相談は無料です。
 どうぞお気軽にご相談ください。
※当センターに医師はいないため、治療等の医学的判断を要する相談にはお応えできません。
 

ご相談内容
  • 心理的な相談
    がんと言われて不安である、家族ががんでどうしていいのかわからないといった、病気との向き合い方の
    相談
  • 医療者との関係の相談
    医療者へのコミュニケーション方法の相談
  • 身体的な問題に関する相談
    疼痛や疼痛以外の症状、抗腫瘍治療に伴う副作用や後遺症、食事・排泄等の日常生活に関する相談
  • 緩和ケアの相談
    緩和ケアとは何か、何をしてもらえるのか、どこで受けられるかなどの相談
  • 社会的な問題に関する相談
    福祉・介護などの社会的なサポートの活用法、医療費負担に関する相談
  • 療養場所に関する相談
    医療機関(緩和ケア病棟・クリニック等)の情報提供

ご利用方法
 受付時間  月~金 9:00~16:00  土 9:00~12:00 (祝祭日は除く)
 相談方法  面談および電話  
 ※相談時間は、30分~1時間程度とさせていただきます。
 ※ご入院中の方は、病棟での面談も可能です。
 相談日時
 (予約制)
 〔来院による申込み〕 がん相談支援センター(本館・南病棟2階)へお越しください。
 〔電話による申込み〕 0743-63-5611(代表)
 ※相談については、職員を通じて予約していただくこともできます。

リーフレット「がん相談支援センターのご案内」(PDF) ※両面印刷2つ折り


案内図(本館・南病棟2階)
map
がん関連情報リンク

がん情報サービス
がんネットなら



社会保険労務士による就労相談

 社会保険労務士による就労相談を開催しています。
 がん患者さんやご家族を対象に、がん治療と仕事の両立が図れるように、社会保険労務士が一緒に考えます。相談は無料で予約制です。
 ※就職先のあっせんは行っておりませんので、ご了承ください。

例えば、このような事で悩んでいませんか?
illust
  • 仕事に復帰するか辞めるか迷っている
  • 治療のための休暇取得や休職はどうすればいいの?
  • 傷病手当や雇用保険のことを教えてほしい
  • 家計を支える制度はあるの?
  • 退職や解雇について悩んでいます
  • 退職したら健康保険や年金はどうなるの?

就労相談開催日

12月6日 社会保険労務士による就労相談(PDF) 終了

 ※次回は、平成29年3月に開催予定です。


社会保険労務士とは?
社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働問題や年金問題、社会保険の専門家として位置付けられています。


セカンドオピニオン外来

 現在、他の医療機関にて診療を受けておられる患者の皆様で、診療内容や治療方法について、主治医以外の医師の意見をお求めになりたい方に対して、当院の専門家の意見・判断を提供致します。
 費用は有料で完全予約制です。申込窓口は、地域医療連携室になります。


セカンドオピニオン外来について

サロン「いこい」
salon_ikoi

 がんという病気に不安や悩みを抱え、どこに聞いたらいいのか、どうしていいのかわからない・・・。同じ体験者同士が話しをすることで、分かり合えること、学びあえること、元気になれることがあります。心配ごとや不安な気持ちをひとりで抱えずに、がんに向き合うみなさんとお話ししませんか。
 具体的な診断や治療に対する答えは、主治医や専門家にご相談いただかなければなりませんが、病気の悩みや体験等について自由に語り合える場として、サロン「いこい」を開設しています。お気軽にご参加ください。

 開催日  毎月第4水曜日 14:00~16:00
 ※一部例外月がありますので、サロン「いこい」開催案内でご確認ください。
 場  所  がん相談支援センター前(本館・南病棟2階)
 参加費  無料
 〔気象警報が発令された場合〕
  午前10時以降に天理市で、暴風・大雨等の気象警報が発令された場合は、中止とさせていただき
  ます。

サロン「いこい」開催案内(PDF)

サロン「いこい」利用規定(PDF)

平成27年度サロン「いこい」参加者集計(PDF)


いこいあおぞら文庫
aozora

 患者さんやご家族の方が、病気や治療方法に関する知識を得られるように、がん治療や療養生活に関する図書及び各種がんに関する冊子などを取り揃えています。
  当院をご利用の方なら、どなたでも無料でご利用いただけます。貸出も行っていますので、お気軽にご利用ください。



 利用時間  月~金 8:30~17:00  土 8:30~12:30 (祝祭日は除く)
 利用対象  当院に通院又は入院されている患者さん、ご家族の方
 貸出期間  原則として2週間まで (貸出には手続きが必要です)
 場   所  がん相談支援センター(本館・南病棟2階)
 〔ご利用上の注意〕
  ・「いこいあおぞら文庫」の図書は、特定の治療法をお勧めするものではありません。
  ・資料の内容は、患者さんの病気に関する最新の知識でない場合があります。
  ・資料の内容が、患者さんの病状と一致しても、治療方法は一人一人異なる場合があります。

緩和ケア

  がん患者さんとその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするためには、緩和ケアが治療の初期段階から行なわれるとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面において切れ目なく実施される必要があります。
 当院では、がん患者さんの状況に応じ、身体的な苦痛だけでなく、精神心理的な苦痛に対する心のケア等を含めた全人的な緩和ケアを提供しています。
 当院の緩和ケアの取り組みとして、緩和ケアセンター、緩和ケア外来、疼痛等緩和ケア対策チームが設置されており、早期の段階から患者さんの視線に立ったケアが提供できるよう、院内横断的に活動を行っています。


がん登録

 がん登録は、がん患者さんのがんの罹患、転帰、その他の状況を把握し、分析する仕組みで、がん対策の企画立案、評価の基礎となり、科学的知見に基づく適切ながん医療の提供に必要なものです。
 当院では、専門のがん登録実務者が、厚生労働省より指定された標準登録様式にて、個人情報保護の徹底を図りながらがん登録を行なっています。

院内がん登録とは

 当院で診断・治療を受けられた患者さんについて、どのような病態で(診断名、発生部位、進行度など)、どのように受診し(検診発見、紹介、直接受診など)、どのような治療を受け(手術、薬物治療、放射線治療など)、どうなったのか(治癒、治療継続、転院、死亡)について情報を集め、整理・保管し、集計・解析をする仕組みのことです。

院内がん登録を実施することで
  • 病院における、診断・治療の実績、効果など、診療の実態を把握する基礎資料となります。
  • 拠点病院として、患者さんにより適切な医療を提供するための基礎資料となります。
  • 患者さんに対して、当院の検査・診断・治療の実績、その結果(生存率)などの情報を提供するための基礎資料となります。
  • 地域や国に情報を報告することにより、医療政策の立案や評価のための基礎資料にもなります。
個人情報の保護

 がん登録の個人情報は、「天理よろづ相談所患者等の個人情報保護に関する規定」および「院内がん登録実施細則」に基づいて厳密に管理しています。
 なお、登録情報の報告先(がん対策情報センター)には、匿名化された情報として届出します。


がんに関する治験・臨床研究

 がんによる死亡者の減少、すべてのがん患者さん及びその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の維持向上を実現するため、様々な臨床研究が行なわれています。
 当院では、科学的根拠に基づく最善の医療を提供するために、積極的に臨床研究に取り組んでいます。

当院で現在行われているがんに関する治験と臨床試験

平成28年4月現在(PDF)


がんに関する公開講座

 当院では、がんに関する公開講座を開催しております。医療従事者と市民の皆様が対象ですので、ご参加をお待ちしております。開催日時につきましては、トップページの「お知らせ」欄で、随時ご案内しております。
 「憩の家講座」でも、がんに関する講座を行っている場合があります。市民の皆様が対象となりますので、トップページでご確認ください。

kenshu

<< 前のページに戻る