もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > センター > リハビリセンター

リハビリセンター

概要

リハビリテーションの対象

整形外科、心臓血管外科、脳神経外科等を中心とした外科の場合

 二次的合併症を予防するために、早期離床を推進し、併せて様々な運動療法(関節運動、筋力トレーニングなど)や呼吸リハビリテーションなどを実施しています。
手術後早期からリハビリテーションを開始し、1日でも早く手術前の生活に戻れるようにお手伝いしています。

二次的合併症

  • 関節拘縮(関節が動かなくなること)
  • 手術後に発生する肺炎
  • 安静による筋力や体力の低下など

 

内科の場合

 脳神経内科、循環器内科、呼吸器内科等から依頼を受け、脳梗塞、心不全、呼吸不全などに対するリハビリテーションを行っています。

 

適切な運動療法を

 患者さんのなかには,病状が多岐にわたり全身の状態が不安定な方もおられますが、各疾患に特有の病状や治療方針、患者さんひとりひとりの身体状況に配慮しながら適切な運動療法をすすめています。

特色

急性期リハビリテーション

 急性発症した様々な疾患により身体に何らかの障害を持った患者さんに対し、発症直後から急性期リハビリテーションを実施しています。

 医師・看護師など他の医療従事者と治療に対する情報共有はもとより、患者さんご自身やご家族とのコミュニケーションを大切にしながら、 運動機能回復・自宅復帰に向けた動作獲得などを目指して運動療法を実施することを心がけています。

 

院内活動

 包括的ケア管理委員会 ケア対策チーム(疼痛等緩和ケア対策チーム、呼吸ケア対策チーム、入院生活支援チーム)に参加し、様々な部門との連携をはかっています。

ページの先頭へ