もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 看護部 > トピックス > レベルⅢ、Ⅳチャレンジ研修「感情表出を促すコミュニケーションスキル」研修

看護部

レベルⅢ、Ⅳチャレンジ研修「感情表出を促すコミュニケーションスキル」研修

 講師はがん領域の認定看護師6名より、「患者や家族に関心を寄せ、患者が語る言葉の本質を十分に確認しながら、患者の本当の気持ちを表出できるような共感の態度や言葉かけ」が大切であると学びました。

患者さんの感情に寄り添う総合的なコミュニケーションスキル“NURSE”
5つの言葉の頭文字

N:命名(患者さんの感情に注目する)
U:理解(患者さんの感情的な反応は理解できると表明する)
R:承認(感情だけでなく姿勢・態度・人格・対処方法を含めて賞賛する)
S:支持(私はあなたを援助したいということを患者さんに明確に伝える)
E:探索(患者さんが話すいくつかの感情に焦点を当てて質問し、関心を持って尋ねていく)

 

 

ページの先頭へ