もどる
ホーム ホーム > 病院の特徴 > 特色と活動 > 医療安全管理 > 医療安全管理の基本的な考えと体制

医療安全管理の基本的な考えと体制

医療安全管理の基本的な考え

 本院の基本方針の一つは全人的包括医療の提供と高度先進医療の提供によって、患者の皆様の健康回復に貢献することです。当然、高度かつ先進医療の提供は適切かつ安全な医療に裏付けられていなければなりません。このために、本院は患者の皆様の安全を第一に考え、医療安全管理マニュアルを作成し、医療安全管理体制を整備し、医療安全管理部門の設置、インシデント報告体制、インシデント対応体制、医療安全管理に係る職員研修体制を確立するなど、組織をあげてインシデント防止等の安全管理に取り組んでいます。
 職員個人も病院組織の一員として自己の役割を認識し、本院の医療安全管理対策へ積極的かつ主体的に参加する責務を負っており、日常の診療においては適切かつ安全な医療の提供を実践し、また医療安全管理のための研修などに努め、本院を受診される患者の皆様の期待に応えるために最善の努力をしています。
 また、本院はインシデントの発生した場合に備えて、患者さんの被害を最小限に止めるべく、迅速・適切な対応ができる体制の充実に努めています。インシデントの発生した場合には、本院、職員は、医療従事者としての基本的な倫理観に基づいて、患者さん、御家族等に誠実に対応いたします。それとともに、職員は本院のインシデント報告制度に則ってインシデント報告を行います。病院はインシデント報告を収集、分析してインシデントの防止、対応に活用しています。
 さらに、本院は医療相談窓口を常設して、患者の皆様等からの診療、接遇などに対する御相談、意見を受け、これらを医療安全管理の推進に活用しています。 良質な医療を提供する医療安全管理体制の充実を図り、患者の皆様からの信頼を高める責務を果たしていきます。

 

医療安全管理に係わる体制

 天理よろづ相談所病院の医療安全管理に係る院内組織図

組織図

 

医療安全管理委員会

  • 本院の医療安全管理の中心的役割を果たす役割を持つ委員会です。
  • 統括医療安全管理者(委員長)を中心に薬剤部長、内科系、外科系から数名ずつの医師、看護部長、
  • 事務長、医療安全管理室専従看護師らで構成されています。

 

医療安全推進部会

  • 医療安全管理体制を実効あるものとするために管理委員会の下に設け、インシデント防止、医療安全管理、担当者の活動インシンデト事例の分析医療安全管理推進のための啓発広報等の事務を所掌します。
  • 医師、薬剤師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師事務職らで構成されています。

 

マニュアル検討部会

  • 医療安全管理マニュアルを実効あるものとするために設置し、必要に応じてマニュアルの検討・改訂を行います。
  • 医師、薬剤師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、事務職らで構成されています。

 

医療安全管理室

  • 医療安全管理委員会の庶務、医療安全管理委員会の指示をうけて組織横断的にインシデントの再発予防、対応の実務を担当しています。
  • 室員は、医師(室長)、薬剤師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、事務職らで構成されています。
    (専従看護師以外は兼務)
ページの先頭へ