もどる

腎透析科
研究と業績

論文・学会発表

再生医療によるシャント治療

臨床研究の概要

 血液透析を行うために必要なシャント血管を作成するためには、もともと体にある血管を利用することが望ましいのですが、様々な理由で自分の血管ではシャントが作成できないことがあります。このような場合には合成繊維や合成樹脂を素材とした人工血管を用いてシャントを作成することが必要となります。しかし、人工血管は①感染を起こしやすい、②長期間使用すると劣化する、③閉塞しやすい、という短所があります。また、作成したシャント血管が狭くなった場合は風船の付いたカテーテルを血管内に入れ、狭い部分(狭窄部位)を拡張する方法(PTAと呼びます)が一般的です。しかし、PTAは、①治療する際に強い痛みを伴う、②繰り返し治療が必要である、という短所があります。

 

 私たちは国立循環器病研究センター医工学材料研究室(室長;中山泰秀博士)との共同研究で、「生体内組織形成術を用いて作成した代替血管(バイオチューブ)」(http://ibta.jp/※外部リンク)をシャント治療に応用し、臨床研究を行っています。この方法は、人工血管の短所(感染を起こしやすい、劣化する)を補い、またPTAとは違い、繰り返し治療を行わずにシャント狭窄を治癒させることが期待されます。現在、2人の患者さんのシャント狭窄の治療に成功し良好な結果を得ております。

治療の方法

① まず、鋳型を皮膚の下に局所麻酔で埋め込み1~2ヶ月待機します。

埋め込み前の鋳型

② 鋳型の中にはコラーゲン組織でできたバイオチューブができています。

③ このバイオチューブを用いて、狭くなったシャント血管をバイパスします。

赤矢印がバイオチューブ
バイオチューブ手術1ヶ月後

④ 1ヶ月後のシャント血管の造影写真を見ると、バイパスしたバイオチューブ内を
  血液が綺麗に流れていることがわかります。

赤矢印:バイオチューブ
黄矢印:狭くなったシャント血管

 将来的には、自分の血管でシャントを作成できない患者さんにバイオチューブを用いてシャントを作成する臨床研究を行うことを検討しています。

 

 本研究は毎日放送の「報道番組Voice」で取り上げられました。毎日放送Voiceのホームページ上(http://www.mbs.jp/voice/special/※外部リンク)で放映された動画(平成28年5月11日放送の特集記事)をご覧になることができます。

業績

2012年度 透析導入患者

末期腎不全の透析導入総数 74人/年
血液透析導入数 45人/年
腹膜透析導入数 29人/年

 

2012年度 腹膜透析患者数

2012年末 腹膜透析患者数 62人

 

2012年度 手術件数

シャント手術総数 863件/年
PTA 654件/年
観血的手術 209件/年
グラフト 50件/年含む

 

2011年度 血液浄化施行数

CHDF実施回数 276回/年
アフェレーシス実施総数 240回/年
血漿交換 84回/年
免疫吸着 7回/年
PMX 46回/年
LDL吸着 6回/年
白血球除去 83回/年
末梢血幹細胞採取 14回/年
ページの先頭へ