もどる
ホーム ホーム > 法人について > 事情部 > 事情部の活動
事情部

事情部の活動

こころを見つめ、真のたすかりを目指しています

 事情部は、身上部(医療部門)、世話部と緊密な連携を保ちながら、外来・入院者の身上(病気)や事情の相談に応じ、天理教の信仰に基づいて心身の苦悩の解決を目指しています。相談に当たる講師は、天理教教師の中から特に信仰経験豊かな100人に委嘱。交替制で病棟を巡回して“おたすけ”活動を行うとともに、外来相談や電話、ファックス、手紙による相談にも応じています。(但し、インターネット、メールによる相談や問い合わせについてはお返事できませんので、予めご了承下さい。)

 また、本館(南病棟)では朝夕のおつとめや月次遙拝式のほか、天理教図書の貸し出し、本館(南病棟)および新入院棟(東・西病棟)ではテレビ・ラジオ(専用回線)による講話なども実施。さらに本館(7階講堂)で毎月26日には入場無料の「憩の家講座」を開き、さまざまな疾患をとりあげて、病理(医師が担当)・信仰(事情部講師)・体験談(天理教信者)と多面的なアプローチを試み、好評を博しています。

事情部の活動

 憩の家は、最新の設備・医療機器を備えて高度な医療を提供すると共に、心の悩みの解消と精神的安定を目的として、事情部講師が入院された方をお訪ねして、おたすけ活動をさせていただいております。
 事情部では、次のような事を行っておりますので、ご活用いただきより良き療養生活の上にお役立て下さい。

事情部の場所

西名阪自動車道 天理インター・名阪国道 天理東インターより約5分

ページの先頭へ