もどる

薬剤部

概要

「薬の専門家」

わたしたち薬剤師の責務は、医療チームの一員として医薬品に関する安全性と有効性の確保を実践することにあると考えています。そして、「薬の専門家」として医療の質の向上に少しでも関与して行きたいと考え、実際に、チーム医療やリスクマネージメントなど、いろいろな領域で活動しています。

 

安全性の確保

薬剤部は、お薬についてお気軽にご相談頂く部署でもあると考えています。病院内外の皆さんに対して、医薬品に関するより詳細な情報を提供することにより、利用者の皆さんへの安全性の確保に寄与したいと願っています。

 

薬剤部の業務

医薬品情報(DI)業務

医薬品に関するすべての情報の窓口として機能しています。診療科からの問い合わせに対応するほか、医薬品情報室が知り得た情報を積極的に院内に通知し、医薬品の適正使用および安全性確保に努めています。また、病棟担当薬剤師に対して医薬品情報提供のサポート的な役割をしています。さらに、医薬品の採用に関わる薬事委員会(年10回)、新薬開発に関わる治験審査委員会(年6回)の運営にも携わっています。

薬剤管理指導業務

わたしたちは入院患者さんのベッドサイドへ出向き、投薬されている薬の大切さ、飲み方、注意点あるいは使用方法などを説明し、確実に、安心して服用できるように薬剤師の立場で薬物治療をサポートしています。また、のみ薬や注射薬による副作用が生じていないかなど、患者さんにとって大切なお薬が安全に使われているかなどもチェックし、医師や看護師と協力しながらリスクマネージメントに貢献しています。

医薬品管理業務

薬品管理室は、憩の家で使われるすべての医薬品の購入窓口であり、患者の皆さんの治療や検査に必要とされる医薬品の品質および安全性を確保し、病院内の需要に対して良質な医薬品を迅速に供給することを任務とする部署です。この目的を達成するため、薬品卸売販売業者から医薬品を購入し、適正な在庫管理・品質管理を行うとともに、在庫薬品の出納および保管に万全を期しています。

在庫管理システム

また、近年の高額医薬品の増加により、より精密な在庫管理が求められており、変動する医薬品個々の使用状況などを考慮した在庫管理システムを構築し、使用期限切れなどが無いよう管理することで、病院経営に貢献し、更に、医薬品を適切に供給することで高い医療の質が確保できるよう努力しています。

調剤業務

入院患者さん、外来患者さん共に有効・安全な薬物治療をサポートするために、コンピュータを利用して薬の用量、相互作用、禁忌および複数受診科における重複などをチェックし、安心して服用して頂けるようにしています。

注射薬自動払出機

また、入院患者さんが対象の注射薬調剤では、注射薬自動払出機を導入し、施行ごとに注射薬をトレイに準備することで、効率的かつ安全に調剤しています。

抗がん剤調製業務

外来・入院において抗がん剤治療を受けられる患者さんの点滴薬の大半を、薬剤師が無菌的に混合調製を行っています。抗がん剤の投与が適正かつ安全に行われるように、投与量・投与間隔・投与時間などが適切であるかを処方監査しています。また、院内で使用されるレジメン(投与計画書)の審査や管理に携わっています。抗がん剤は、このレジメンに従って投与されることがほとんどなので、その審査は院内の専門の委員会において慎重に行われています。

TPN調製業務

中心静脈栄養をされている患者さんの輸液を、クリーンベンチを使用して無菌的に混合調製しています。当院のTPN(高カロリー輸液)では、患者さんに応じたオーダメードの処方が基本であり、この点が、他の病院と異なる特長の一つです。その中でわたしたちは、配合変化・用量などの処方チェックを行い、また、医師からの処方設計に対してコンサルトを行っています。

製剤業務

TPN調製室と同様クリーンな環境下で、医療現場をサポートする特殊製剤の調製と外来および病棟で使用される医薬品の提供、および消毒剤、外用剤などの調製と提供をしています。

TDM(薬物血中濃度モニター)業務

特定の薬物について血中濃度をモニターし、有効で安全な薬物治療がなされるようサポートしています。抗てんかん薬、免疫抑制剤、抗癌剤および抗生物質などが、この業務の対象薬剤です。

治験業務

治験管理室は治験事務局と治験支援部で業務分担されており、治験事務局は契約やIRBの運営など、治験支援部は、治験コーディネーター(CRC)が治験や臨床試験の実施に関する実務に関わっています。現在、CRCは薬剤師3名、臨床検査技師3名、看護師1名の計7名で治験・臨床試験業務を分担しており、治験担当医師に対するサポートや院内関連部署との連携、同意説明の補助、治験依頼者への対応などを行っています。また、被験者の皆さんに対しては治験期間中の体調の変化の聞き取りや服薬コンプライアンスの確認を行ったり、治験に対する不安や疑問など様々な相談にも随時対応しています。CRCは総合的な窓口として被験者、医師、治験依頼者のすべてに関わることにより治験の安全かつ円滑な進行に携わっています。

 

チーム医療への参加

栄養サポートチーム(NST)への参加

医師・看護師・栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士と共に、すべての入院患者の皆さんを対象とした栄養モニタリングを行っています。特に栄養状態の改善が必要な患者さんを対象とした栄養ラウンドや症例の検討を行い、栄養管理の質の向上を目指して活動しています。栄養ラウンドへの参加、中心静脈栄養法施行患者さんのモニタリング、経腸栄養剤使用患者さんの使用状況調査、医療スタッフへの教育、在宅中心静脈栄養法を取り扱っている院外薬局との連携を行っており、薬剤師の職能を活かし、チーム医療に貢献しています。

創傷管理ケアチーム(WCT)への参加

創傷管理、栄養療法あるいは患者さんの使用している薬剤全般を管理するなど薬剤師の立場で治療に参加しています。

感染対策チーム(ICT)への参加

ICTとは、病院感染防止対策を組織的、かつ効率的に行うために設置されているチームで、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師で構成されています。この中で薬剤師は、消毒薬・抗菌薬の適正使用への助言、特に抗MRSA薬、カルバペネム系抗菌薬の使用状況を把握し、適正使用のチェックをして、耐性菌の発現防止に取り組んでいます。また、チームとして病棟巡回し、主にMRSAなどの耐性菌が検出された際の感染予防対策を確認・指導することや、手洗い指導などに積極的に参画し、他職種と横断的連携をとりながらチーム医療の一役を担っています。

疼痛等緩和ケアチーム(PCT)への参加

わたしたちは緩和ケアチームの一員として、疼痛治療に用いられる薬剤や、鎮痛補助薬および症状緩和に用いられる薬剤の治療効果や副作用のモニタリングを行い、薬物療法に関する様々な情報提供を行っています。また、週1回のチームのラウンドに参加し、カンファレンスを通じて得られた情報をもとに患者さんへの服薬指導を行っています。患者さんが不安なく、安全に治療に参加できる支援を行いながら、病棟スタッフとも情報を共有し、退院に向けての薬剤調整も行っています。

糖尿病教室への参加

糖尿病と上手につき合うための指導として糖尿病教室があり、その指導内容をよく守ることで病気の進展の防止ができること、また治療法も様々な選択が可能であることをこの教室を通して理解していただいています。

ページの先頭へ