もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > センター > 在宅世話どりセンター

在宅世話どりセンター

概要

在宅医療を専門的に扱う部門

 当センターは、天理よろづ相談所病院(通称「憩の家」、当時は財団法人、現在は公益財団法人)が1966年(昭和41年)4月に開所して25年目の1991年(平成3年)に併設された在宅医療(訪問診療と訪問看護)を専門的に扱う部門です。

 

専属医師が常勤しています

 在宅医療体制が在宅支援病院(200床未満の病院)、在宅支援診療所、訪問看護ステーションを中心に構築されている現在、許可病床数800床を越える地域中核病院(本院)に併設された在宅医療部門で、当初から専属医師が常勤するという開所形態は、我が国では珍しいといえます。

 

「憩の家」創設の理念の一部を具現化したもの

 「在宅世話どりセンター」(以下「在宅センター」と略称します)はやや珍しいネーミングですが、まだ、介護保険制度導入前の開設で、「憩の家」の急性期医療を補完し、社会福祉をも視野に入れた志の高い医療部門といえます。

 ケア・マインド、すなわち、「お世話どりマインド」を強く意識した響きを持っていますが、とりもなおさず、天理教二代真柱様の「憩の家」創設の理念の一部を具現化したものと考えます。公益財団法人天理よろづ相談所病院は「身上部」と称されるのに対して,在宅センターは「世話部(社会福祉をその業務の一部とする)」に所属することになっておりますが、併設当初は「事情部」との協働も行われ、そうした機構組織的な位置づけは、前述した病院創設の理念と介護保険制度が未整備の時期に開設されたという歴史的な経緯が関係していると考えます。

 

歯科訪問診療・訪問リハビリテーション

 2000年(平成12年)4月に介護保険制度が導入されて以来、訪問診療(医療保険で扱われます)と訪問看護(医療保険および介護保険のいずれかで扱われます)を二本柱として在宅医療を実施していますが、必要に応じて「憩の家」あるいは他の事業所の協力を得て、歯科訪問診療や訪問看護、訪問リハビリテーションを実施することもあります。

 

ニーズに答えられるように活動を

 前述しましたように、在宅医療は、一般診療所と訪問看護ステーションが協働して行われることが多いのですが、当在宅センターでは、開設当初より常勤で専従の在宅医と訪問看護師が在宅医療業務に携わってまいりました。

 充実した救急体制、先進的な医療機器など、医療資源が豊富な病院を、「在宅医療の後方支援機関」と捉えれば、まだまだ高い可能性が残されていると考えます。在宅医療に関心が集まり、住み慣れた家庭を第一義的な療養場所と考える風潮が強くなっているとはいえ、現状の在宅医療がそうしたニーズに十分には答えられているとはいえません。そうした現状に、いくらかでも貢献していくことができるよう活動していきたいと考えています。

特色

当在宅センターでの在宅医療の実際

疾患構成の変化

 近年の医療における進歩とともに、在宅センターでケアしている疾患構成には変化がみられ、医療依存度の高い疾患が在宅医療に託されるようになっています。特に、平成18年に「がん対策基本法」が制定されて以来、がん緩和ケアの普及・進歩とも相まって、「慢性期疾患を扱う在宅医療」といった概念から「医療ニーズの高い、急性期病態をも扱う在宅医療」といった内容に変化してきています。

当センターの対応疾患

 当センターにおいては、肺癌患者を筆頭にした悪性疾患、呼吸不全や心不全、消化器疾患などの増加は、最近の特徴的な傾向です。具体的には、経管栄養、尿路カテーテル、気管切開、人工呼吸器、酸素療法、中心静脈栄養、輸液療法、褥瘡を含む創傷などの管理、リハビリテーション、緩和ケアなどを実施しています。

看取り

 特に、2007年(平成19年)4月に、在宅医療の柱の一つである「24時間体制」を取り入れてからは、在宅緩和ケアや自宅での看取りの機会が増加しており、その結果、在宅での看取り率は、従来の50%未満から、平成23年度は全体で85.2%(悪性疾患では90.9%,良性疾患では81.3%)に増加しております。終末期を含めた療養場所として、従来の「病院」から「自宅」の比率が高まったことは、療養者の「生活の場」そして「日常」を大切にするという視点から、評価できるのではないでしょうか。

 「日本褥瘡学会奈良県在宅褥瘡セミナー(旧「日本褥瘡学会奈良県在宅褥瘡医療セミナー」)を2008年(平成20年)2月に(2007年度行事として)開始してから、毎年開催していますが、今年で10回目を迎えます。最近は医師・看護師・ケアマネ・薬剤師・療法士・介護士など400人規模の在宅医療関係者が参加します。在宅医療現場の様々な問題を、特に、褥瘡や創傷に焦点を当てつつ判供する機会を参加者に提供して機会となっています。今年度(平成28年度)は11月20日に天理市「陽気ホール」にて開催します。地域医療連携の一助になり得るものと考えます。

 また、天理市の訪問看護ステーションの訪問看護師の有志と、天理褥瘡勉強会「ひまわりの会」を約2ヶ月に1回開催し、皮膚創傷ケアの研鑽に取り組んでいます。参加希望の方は、(公財)天理よろづ相談所病院 在宅世話どりセンター 0743-63-5611(内線8584)までご連絡下さい。
 こうした取り組みとも関係して、最近は、近隣の医療機関や訪問看護ステーションから、特に、褥瘡ケアに関する相談を受け付けることがあります。メールにてお問い合わせいただければ、ご協力できるかもしれません。
 2011年(平成23年)から取り組んでいる、在宅医療現場における「薬剤管理」は、本来ならば薬剤部との協力を得るのが望ましいのですが、現在のところは在宅センターのスタッフにより取り組んでおり、従来よりも、安全に投薬が行えるようになってきました。

 

 2014年(平成26年)5月13日、PT/OTや訪問看護師を中心とした「なら天理多職種ケアネットワーク」が発足。当センターからは在宅医と訪問看護師の計3名が指導的な立場で参加しています。緊張や拘縮をきたさないポジショニングのあり方、療養者にも介護者にもやさしい移動・移乗方法などについての実践的な勉強会を開始し、地域コミュニティーの在宅医療における実践力の向上を目的とした活動を行っています。

 2011年当時のホームページでは
 「なお、近年、しばしば話題に上がる地域医療連携について、あるいはまた、救急医療崩壊の現状を打開する上での方策として、病病連携、病診連携などを具体的に実現するための取り組みが、当「憩の家」(天理よろづ相談所病院)でも熱気を帯びてきています。その活動の中心的な実動部隊の中に、当在宅センターのスタッフが積極的に加わっています。病院全体の退院調整はもとより、天理市近隣の地域基幹病院、天理よろづ相談所病院白川分院および当在宅センター、さらには地域の診療所・訪問看護ステーションや施設などを含めた地域完結型医療が充実され、結果的に『地域において、患者さんにとってのより良い医療及び介護・療養環境が実現される』ためのプロジェクトにも、一定の役割を果たせるものと考えています。」と述べましたが、今後も、その点での地域貢献を充実させていきたいと考えています。

ページの先頭へ