乳腺外科
診療内容

乳腺外科外来

 火曜から金曜まで初診と再診を行っています。
 担当は外来診察担当表をご参照下さい。
 初診は紹介状ご持参を原則とします。紹介状がない場合、初診の方が多い時は後日の予約とさせていただくことがありますので御了承願います。

初診予約 紹介医から「当院地域連携室」を介して予約する事が可能です。
乳腺外科診察予約 連携医から当院「地域医療連携室」にお申込み下さい。
地域医療連携室: TEL 0743−63−5611(内線3113)

外来検査

腫瘍触知の場合 マンモグラフィー(乳房撮影)、超音波検査、MRI、針生検を基本とします。
腫瘍を触知しない場合 超音波ガイド下の吸引細胞診や吸引針生検、石灰化病変にはマンモトーム生検などを行ないます。
乳癌が確定した場合 CTや骨シンチグラフィー、手術や化学療法などを安全に行うための諸検査を行ないます。

 

入院手術

 乳癌が確定した場合、標準治療に従って治療を提案致します。
 通常、入院日(手術の数日前)と手術日を予め決定しています。入院期間は手術の内容によって変動がありますが、術後1週以内での退院を目標とします。

結果説明

 病理診断(手術標本の顕微鏡による評価)が全て判明するのに2〜3週間かかりますので、その結果は外来で説明致します。

 最終的な治療法はご本人の御希望を尊重して決定致します。
 手術標本の病理検査(顕微鏡による評価)が全て判明するのに約2週間かかりますので、結果は外来で説明致します。

 

外来治療

 手術以外の治療は外来通院で行ないます。
 術後の予防的治療(補助療法)は病理診断で判明する

再発危険因子(腫瘍の大きさ、リンパ節転移の有無、組織学的悪性度など)

効果予測因子(エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2、など)

をふまえて治療を組み合わせます。

化学療法・抗体療法(抗癌剤治療・ハーセプチンなど) 外来化学療法室を利用して外来通院で行ないます。
副作用の有無を確認し、体調に合わせて治療を行ないます。
内分泌療法 閉経状況に合わせて薬剤を選定し(通常、閉経前は抗エストロゲン剤、閉経後はアロマターゼ阻害剤)内服5年を基本とし、閉経前の場合は皮下注射を2年間併用する場合があります。再発リスクに合わせて10年間の治療をお勧めすることがあります。
放射線療法 乳房温存手術では併用を原則とし、それ以外では病理診断(リンパ節転移の数、断端への癌波及の有無)によって必要時に提案致します。

 

術後の診療

 術後の定期診察は10年が必要で、前半の5年は治療期間であることが多く、近隣に「かかりつけ医」がおありの場合は連携して定期的な診察を予定いたします。

注1) 乳房部分切除

 乳癌を含む乳腺を、クサビ状に1/4切除(乳房楔状切除)あるいは、乳癌とその周囲1.5〜2cmの乳腺を切除(乳房円状切除)する手術です。

候補

 術後の癌の取り残しや、乳房内再発を少なくするために、術前に以下を満たす方が候補になります。

  • 乳癌が3cm以下(術前化学療法で腫瘍が縮小した場合を含む)
  • 多発の所見がない(単発)
  • 広汎な乳管内進展がない
  • 術後に放射線療法が行なえる(外来通院、25回が基本)
  • 乳房温存の希望がある

乳房温存療法は放射線療法がセットです

 乳房部分切除は放射線療法と併用して、乳房(全)切除と同等の成績が得られます。以下は切口(断端)に癌が及んでいない場合の乳房内再発(残存乳腺内の再発)の成績です。

乳房内再発 (10年)
乳房部分切除+放射線 2~4%
乳房部分切除のみの場合 10~20%

 

乳管内進展

 乳癌が乳管(乳汁を乳頭に運ぶ管)に沿って広がる状態で、約半数の方に認めます。術前の予想を超えた進展が病理検査(顕微鏡の検査)で判明することがあり、後日の乳房内再発の原因になりえます。

<断端陽性>

 病理検査で、手術した乳腺の切口(断端)に乳癌が及ぶ状態で、最も多い原因は乳管内進展です。多方向で断端陽性の場合、放射線療法を併用しても乳房内再発は30〜40%と極めて高率で、追加切除(部分〜乳房全切除)を考慮します。

注2)腋窩リンパ節に対する手術

腋窩リンパ節郭清

リンパ節転移がある場合、広い切除が標準的治療です。

この場合の目的は腋窩の治療、悪性度の評価(予防治療の判断材料)ですが、合併症としてリンパ浮腫をともなう事があります(約30%)。

腋窩リンパ節郭清の省略

 術前検査でリンパ節転移を認めず、術中のセンチネル・リンパ節(下記)の生検で転移がない場合、腋窩リンパ節郭清の省略が標準治療となりました。

<センチネル・リンパ節生検>

術中にセンチネル・リンパ節を見つけ出して術中の顕微鏡検査で転移の有無を判断する検査

※センチネル・リンパ節:癌が最初に転移すると想定されるリンパ節

<対象>

  1. 3cm以下の腫瘍
  2. 術前にリンパ節転移を認めない方

<方法>

当院は色素法(ICGの蛍光法)を採用しています。

<術中

  1. 乳房に色素を注入
  2. 腋窩に小切開をいれる
  3. 最初に染まるリンパ節を見つける(2011年の同定率:97%)
  4. 迅速病理検査を行なう

<腋窩リンパ節郭清を省略する場合>

  • 迅速病理検査したセンチネル・リンパ節に転移がない時

<腋窩リンパ節郭清を行なう場合>

  • 迅速病理検査したセンチネル・リンパ節に転移がある時
  • センチネル・リンパ節を同定できない時

<問題点>

  1. 色素によるアレルギー、ショックの可能性
  2. 術中の迅速病理検査で「センチネル・リンパ節転移なし」の報告でも術後の固定標本で、センチネルリンパ節転移が判明する事がある。
  3. 温存したリンパ節に転移している事がある(約7%)。

  再発時(実際には1〜3%)に改めてリンパ節廓清を行なう。

(詳細は担当医にご確認下さい)

ページの先頭へ