がん登録

 がん患者さんについて、どのような病態で(診断名、発生部位、進行度など)、どのように受診し(検診発見、紹介、直接受診など)、どのような治療を受け(手術、薬物治療、放射線治療など)、どうなったのか(治癒、治療継続、転院、死亡など)について情報を集め、整理・保管し、集計・解析をする仕組みのことです。
 当院では、専任のがん登録実務者が「院内がん登録標準登録様式」に則り、個人情報保護の徹底を図りながら登録を行っています。

登録情報の利用目的として

  • 病院における、診断・治療の実績、効果など、診療の実態を把握する基礎資料となります。
  • 拠点病院として、患者さんにより適切な医療を提供するための基礎資料となります。
  • 患者さんに対して、当院の検査・診断・治療の実績、その結果(生存率)などの情報を提供するための基礎資料となります。
  • 都道府県や国に情報を報告することにより、医療政策の立案や評価のための基礎資料にもなります。

登録情報の取扱いとして

  • がん診療連携拠点病院全国集計として、国立がん研究センターへの情報提供。
  • 地域がん登録、全国がん登録として、奈良県への情報提供。
  • 患者さんに対して、当院の検査・診断・治療の実績、その結果(生存率)などの情報を提供するための基礎資料となります。
  • 都道府県や国に情報を報告することにより、医療政策の立案や評価のための基礎資料にもなります。

登録・予後調査に関するお願い

 院内がん登録で得られる情報は、国や地域および病院におけるがん診療の質の評価・向上と患者さんの支援には欠かせないものであり、診断・治療後の経過等について(予後調査情報)の登録には長期に亘る調査が必要となります。そのため、当院の登録実務者が、対象となられます皆様に、その後の病状、安否などをお手紙にて問い合わせさせていただくこと、または、国の機関、地方公共団体、他の医療機関への照会や調査依頼をする場合があります。
 つきましては、この趣旨をご理解いただき、登録・予後調査に関してご同意いただきますようお願い致します。
 ご同意いただけない場合は、その旨を診療情報課院内がん登録担当までお申し出ください。その場合でも診療に関しての不利益は一切生じることはございません。
 なお、お申し出のない場合は、ご同意いただいたものとして取り扱い致しますのでご了承ください。

個人情報の保護

 がん登録の個人情報は、「天理よろづ相談所患者等の個人情報保護に関する規定」および「院内がん登録実施細則」に基づき、適正に保護、管理をしております。

ページの先頭へ