もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 中央部門 > 放射線部(診断部門)

放射線部(診断部門)

概要

放射線科について

 放射線科は、放射線・画像診断に関する業務を、専門的に担当します。業務内容が非常に広くなりますので放射線科のページは3つに分けて説明します。

 

X線の発見

 1895年、レントゲン博士によってX線が発見されました。以来、医療分野では、主に骨や肺の病変を描き出す画像診断方法として積極的に利用されてきました。

 

画像を細かく解読して病変を見つけ出す

 現在では、X線を応用して体の断面図を撮影するCTや、放射線ではなく磁気を利用して体の断面図を撮影するMRIを用いて、全身の様子を撮影することが可能となり、病気の発見や病状の把握に役立てられています。放射線部画像診断部門では、これらの画像を細かく解読して病変を見つけ出す「読影」を通して、画像診断を行っています。

 

体内に細い管を入れて病気を治す

 もう一つの仕事として、IVR(インターベンショナルラジオロジー)を行っています。IVRとは、血管造影、CT、超音波などの画像を見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法で、手術することなく体内の直接的治療ができるため、体への負担を減らすことができます。

外来受診日と担当医

本館・南病棟
AMのみ 谷口 谷口
平成30年7月26日 更新
ページの先頭へ