もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 看護部 > 基本方針 > ごあいさつ

看護部
ごあいさつ

副院長兼看護部長 阪井 眞利子

 当院は、病む人に心身ともに安らかに憩える場ということで、「憩の家」と呼ばれており、創設50周年を迎えようとしています。平成26年に完成した新棟、そして既存の建物も改修工事が進められ、より快適な療養環境・就労環境を整備しているところです。

 建物が新しくなりましたが、病院内容充実のためには人材が必要です。いきいき輝いている看護職であるために、ともに学び、ともに成長し続けていきたいと思っています。また、そのためには日進月歩の医学、激動の社会の中で看護において、『変化が求められるもの』と『変えてはいけないもの』、『変えられないもの』を見定め、看護専門職として「知・技・心」を磨き、“人に尽くすことを自らの喜びとする”仲間とともに新たな病院創りに努めてまいります。

ページの先頭へ