脳神経外科
診療内容

未破裂動脈瘤

 顕微鏡下手術によるクリッピング、あるいは血管内手術によるコイル塞栓術の両方を、症例毎に検討し行っています。

顕微鏡下手術

 顕微鏡下手術では、術中神経機能モニターや蛍光血管造影などを併用し、安全な手術を心がけています。

血管内手術

 バルーンや最新のステントを併用したコイル塞栓術も行います。

血行再建術

 治療が困難な巨大動脈瘤に対しては、血行再建術を伴うコイル塞栓術など症例に応じた集約的な治療を行っています。

 

慢性期脳梗塞

 神経症状の改善や発生の予防を目指し、顕微鏡した手術と血管内手術を用い、種々の血行再建術を積極的に行っています。

 

脳腫瘍

 以前より、脳腫瘍の患者さんも多く、脳腫瘍手術に際しては、顕微鏡下手術に術中神経機能モニター、ナビゲーションシステム、術中エコーなどを併用し、正常組織を損傷することなく安全かつ迅速な腫瘍の摘出をめざしています。悪性脳腫瘍に対しては手術後に放射線治療と免疫・化学治療を併用した集学的治療も行っています。

 

その他外科手術

 他にも、変形性脊椎症、後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、手根管症候群などの末梢神経障害に対するに対する外科手術も積極的に行っています。

ページの先頭へ