もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 看護部 > 看護活動 > 糖尿病患者支援チームでの活動

看護部
糖尿病患者支援チームでの活動

 糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師は、糖尿病患者さんの療養指導は糖尿病治療そのものであるとする立場から、患者さんおよび家族に対して療養指導を行います。
 糖尿病教室を担当し、他部門と連携をとりながらチーム医療としてのマネージメントを行います。糖尿病センター長を中心に他部門も参加して受講患者のカンファレンスを行います。
 内分泌内科部長の指導のもと、週1回心理カンファレンスを行い、患者さんのメンタルヘルスケアを考えます。

活動内容

  • インスリン注射指導: 外来や入院でインスリンを導入する場合や、注射器を変更する場合の手技指導をします。
  • 血糖自己測定の指導: 外来や入院でインスリンを導入すると同時に血糖自己測定器の手技の指導を行います。また、低血糖やその対処方法についての指導も行います。
  • インスリン注射や血糖自己測定のトラブルや、機器の故障などの対応を行い、処方の必要がある場合は医師に報告します。
  • 重症低血糖・高血糖で救急搬送された患者さんや糖尿病の合併症に関する症状で処置が必要な患者の診療や処置の介助をします。

院外活動

  • あゆみの会(1型糖尿病患者の会)・陽友会(2型糖尿病患者の会)のハイキング、キャンプ、勉強会などの行事への参加・協力をします。
  • 奈良糖尿病協会主催によるなら糖尿病デーへの参加・協力をします。
ページの先頭へ