もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 救急診療科

救急診療科

概要

救急診療部の設立

 当院の救急診療は、従来、内科・外科の当直医師、および初期・後期研修医が輪番で担当してきましたが、日中の救急搬送対応を迅速・適切に行うことをはじめ、当院の救急医療全般のシステム整備、問題点の解決にあたる部門として、救急診療部が設立されました。

 

地域の救急体制と、当院の専門診療の橋渡し

 当院は二次救急病院の位置づけではありますが、当地域の基幹病院としてかなりの緊急処置・手術に対応できる能力を持っています。こうした診療能力を、出来うる限り広く患者さんに提供できるよう、地域の救急体制と、当院の専門診療の橋渡しをすることが、当部門の主な役割と考えています。

 

地域の救急医療体制の質・量の充実を

 近年では、日中救急搬送体制の確立、夜間救急診療体制の拡充、また救急診療体制を維持・拡充していくための院内調整、病病連携の推進など、当院、そしてひいては地域の救急医療体制の質・量の充実をめざした活動を行ってきました。
 現在、専任スタッフはいませんが、救急にかかわりの深い診療科を中心に多くの診療科の医師が兼任の形で救急診療部を支え、最前線で診療にあたっています。

特色

日中の救急体制

 地域の救急隊によって搬送される患者さんを、当部門で連絡を受けトリアージしております。
 患者さんの状態・疾患に応じて、適切な専門医と連携をとり、対応しています。

トリアージ

 このトリアージは、救急診療部スタッフのみならず、循環器内科医・脳神経内科医・消化器外科医・脳神経外科医・総合診療教育医・内科系シニアレジデントから構成される救急診療チームを中心に、多くの診療科からの協力を得て診療しています。

 

夜間(時間外)の救急体制

 内科系・外科系の当直医および初期研修医2名・後期研修医1-2名により、救急外来を受診される患者さんと、救急搬送される患者さんに対応しています。また各診療科より救急診療教育に携わるバックアップ医師も患者数の多い時間帯に勤務しています。

ホットライン

 循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科の3科につきましては、緊急疾患に対応するためホットラインを設置し、他院の医師、救急隊から直接依頼を受ける体制をとっています。またそれ以外であっても、救急担当医により専門的処置が必要と考えられた場合には、各科専門医に連絡をとり診療する体制をとっています。

 

救急診療科入院

 夜間・休日に救急外来を受診された感染症や薬物中毒の患者さんの一部を、救急診療科として入院していただき、内科系スタッフと内科系シニアレジデントで主治医となり治療を行っています。
 毎朝、新規入院患者さんや治療などで困っている患者さんのカンファレンスを行い、治療方針を決定しています。救急診療科入院の入院期間は長くても2週間以内を目標とし、そのために地域医療連携室と協力して病病連携を進めています。

 

地域救急体制とのかかわり

 奈良県の救急メディカル・コントロール協議会への参加、救急救命士教育のための実習病院、症例検討会への出席など、地域の消防・救急との連携を図っています。
 加えてICLS(二次救命処置講習会)を定期的に開催、また天理救急懇話会の開催などを通じ、地域の医師・看護師・救急救命士・救急隊と顔の見える関係づくりを行い、スムーズな救急体制の確立をめざしています。

救急診療拡充のための取り組み

 地域の救急体制が危機に瀕する中で、医療スタッフの過度の負担増を避けつつ、当院が積極的な役割を維持・拡充していけるよう院内の救急診療体制の改善に取り組んでいます。

地域医療連携の構築

 従来のように、一医療施設で完結した医療を行うことは難しくなってきました。当院は奈良県の中でも有数の高度医療の提供が可能な施設であり、その能力を十分発揮することが地域の中での重要な役割と考えています。そのためには、周辺の医療機関との役割分担を行い、連携を図っていく必要があります。当部門では、地域医療連携室・福祉部門と協力し、連携体制の構築をすすめています。

 

地域の「救急チーム」づくりをめざして

 救急医療を支えているのは、病院で診療にあたる医師・看護師のみでなく、通報を受けてまず現場に駆けつけ、患者さんのトリアージにあたる救急隊・救急救命士、そして診療体制の整備にあたる行政関係者など、多くの人が重要な役割を果たしています。当部門では、奈良県のメディカル・コントロール協議会への参画や、実習病院として救急救命士教育へのかかわり、二次救命処置講習会(ICLS)や天理救急懇話会の開催といった行事などを通じて、地域の救急関係者と顔のみえる関係づくりを図り、これらの人々とともに地域の「救急チーム」として機能できることをめざした活動を行っています。

ページの先頭へ