皮膚科

概要

内臓の疾患やストレスが関係しているかも

 皮膚の病気は皮膚だけでなく、内臓の疾患を反映することも多いので、全身の状態を考えた診療をするべき病気と言えます。また、皮膚の病気は、慢性に経過するものも多く、ストレスなどによって影響を受けやすいといえます。従って、単に病気を治療するだけでなく、心理状態を汲み取った治療を行うことが重要と考えています。

 なお、必要に応じて、入院していただき、治療を行う場合があります。

 

診察日

皮膚および粘膜(口、外陰部など)の病気の診察、治療を行っています。診察日は月曜日から金曜日で、土曜日は初診の方のみ診療を行っています。

対応疾患

 湿疹・皮膚炎、白癬、いぼ、ヘルペス、円形脱毛症、といったありふれた皮膚疾患から、壊死性筋膜炎などの重症感染症、重症薬疹、皮膚悪性腫瘍まで、最新の知見と科学的根拠に基づいた最善の治療ができるように努めております。

 具体的には、皮膚科の標準的な診療に加えて、難治性円形脱毛症に対する局所免疫療法、炭酸ガスレーザーによる皮膚腫瘍の治療、紫外線療法、悪性黒色腫のセンチネルリンパ節生検、乾癬に対する生物学的製剤療法、などを行っています。皮膚腫瘍に対しては、外来手術室でのディサージェリー(日帰り手術)も行っております。

外来受診日と担当医

◯□
初診・再診
◯□
初診・再診
◯□
初診・再診
◯□
初診・再診
◯□
初診・再診
◯
初診のみ
1診 田邉 不定 田邉 田邉 牧浦 不定
2診 不定 後藤 後藤 要石 要石
3診 小川 小川 不定 不定 小川
備考
  • 女性医師は名前をカラーで表示しています。

予約変更について

  • 変更のご相談は、前日まで受け付けしています。
  • 一度キャンセルされると、次回予約のとり直しはできません。
  • 再診の方も一度キャンセルされると次回予約ができません。
  • 当日受付をされた方にはおおよその時間帯、順番をお知らせしますので、必ず受付に声をかけてください。
  • 診察医師に希望のある方は、必ず受付に声をかけてください。
平成30年7月26日 更新

特色

最善の治療ができるように

 湿疹・皮膚炎、白癬、いぼ、ヘルペス、円形脱毛症、といったありふれた皮膚疾患から、壊死性筋膜炎などの重症感染症、重症薬疹、皮膚悪性腫瘍まで、最新の知見と科学的根拠に基づいた最善の治療ができるように努めています。

 皮膚病は、かゆみや見かけなど他の病気とは違う困った点があります。皮膚病の患者さんは人にうつらないか、内臓は関係ないか心配される場合が多いのですが、それを正しく区分けし治療していくのが皮膚科の大切な仕事です。

 当科では、保険診療で可能な皮膚科全般の診療を行っています。医療脱毛やアンチエイジングなどの美容医療は行っておりません。

 尋常性乾癬では生物学的製剤の使用認可施設です。アトピー性皮膚炎の治療は皮膚科学会ガイドラインに準拠し、副腎皮質ステロイドホルモン外用薬を使用した治療を行います。皮膚腫瘍については、手術が必要な場合は当院形成外科に依頼し適切に対応してまいります。悪性黒色腫の治療では必要な場合に免疫チェックポイント阻害薬を使用することは可能です。

 その他の設備として、当科で可能なものを○、不可能なものを×で記載します。

医療用レーザー照射装置 × 炭酸ガスレーザーを含めありません。
紫外線治療 ○ 全身型ナローバンドUVB照射装置
○ エキシマライト
パッチテスト ○ 鳥居パッチテスト試薬(金属)
陥入爪治療 × マチワイヤ
× VHO
○ 手術療法
ニキビ治療 × ケミカルピーリング
局所多汗症 ○ イオントフォレーシス用装置
○ 塩化アルミニウム
× ボトックス
円形脱毛症 ○ 免疫感作療法(SADBE療法)
○ ステロイド局注
真菌検査 ○ 真菌培養
○ ヘアブラシ検査
○ スポロトリキン反応

 また現状では、当科はジェネリック医薬品を採用しておりません。
 ご紹介いただく場合は上記をご参考にお願いいたします。

患者の皆様へのお知らせとお願い

 変化する医療情勢のなかで、当科ではこれからは地域医療連携が大切と考えています。皮膚科の受診をご希望される場合には、まずお住まいの地域で開業されている皮膚科を受診していただき、そちらの先生が当院への紹介が必要とご判断された場合には、ぜひ当院の地域医療連携室に連絡をいただいたうえで、紹介状をお持ちになり当科に受診していただきますようお願いいたします。紹介状をお持ちでない場合は、当院受診時に初診加算が必要となり、診察まで長時間お待たせすることになります。現状では外来患者が多いため初診の方は3〜4時間以上お待たせしています。

 また、当科で加療して改善された方や、投薬のみご希望の患者さんには、地域の医院や診療所に行っていただくように当方から逆紹介をさせていただきます。今後地域医療の連携を進めていく必要があり、当科の診療について以上の点をご了解ください。ご紹介をいただいた方や治りにくい疾患の方には、診療はできるだけ時間をとって、お話を伺い、説明し同意を得たうえで治療にあたっていきたいと思います。

 なお、泥酔されている方や暴言暴力をふるわれる方は、診療をお断りする場合があります。

ページの先頭へ