もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 脳神経外科

脳神経外科

概要

低侵襲で安全な治療の実践

 当院独自の宗教理念に基づきながら広く門戸を開き、地域医療のみでなく全国から高度な医療を求めて来院される患者さんを数多く受け入れています。最新の医療機器が導入されているばかりでなく、脳・神経疾患には欠くことのできない神経機能検査室に優秀な臨床検査技師を擁し、顕微鏡下手術を中心に血管内手術や放射線治療等を組み合わせ、低侵襲で安全な治療を実践しています。

 

医療技術面で最高の治療を受けて頂けるように

 脳神経内科医、放射線科医など他科の医師とも緊密に連絡をとりながら医療技術面で最高の治療を受けて頂けるよう、そして当院事情部講師の方々とともに心身両面に対して全人的な最高の医療環境が得られるように全スタッフが一丸となって診療にあたっています。

対応疾患

24時間態勢での手術対応可能

 脳卒中全般の急性期医療には特に力を入れ取り組んでいます。

 24時間態勢での当直及び、救急患者の受け入れを行い、24時間態勢での手術対応を可能としています。

くも膜下出血

 出血源である破裂脳動脈瘤に対して、再破裂防止のために急性期手術(開頭術によるネッククリッピング術、脳血管内手術によるコイル塞栓術)を行います。

脳血管攣縮

 バルビツレート昏睡療法、低体温療法などの全身管理などの内科的治療に加え、血管内手術による血管拡張剤の動脈内注入、バルーンによる血管拡張術を施行しています。

脳梗塞急性期

 脳神経内科と合同で、tPAによる超急性期の血行再建や、バルーンカテーテルや血栓除去器具などの最新のデバイスを用いた血管内治療による血行再建を積極的に行い、救命だけでなく、機能予後の改善を目指しています。

外来受診日と担当医

△ ◯□
初診・再診
△ ◯□
初診・再診
△ ◯
初診のみ
1診 AM.不定 山下 AM.不定 髙田 AM.杉田 不定(初診のみ)
2診 藤本 不定(非常勤)
3診 秋山 井谷
備考 初診・再診問わず、紹介医から当院地域医療連携室を介して予約することが可能です。
平成30年10月1日 更新

特色

救急医療体制の一翼を担っています

 奈良県では近年、脳卒中(脳血管障害)の急性期に対する救急医療体制が課題となっております。当院では、24時間態勢で脳外科医が当直を行い脳卒中の急性期治療に当たっています。具体的には、くも膜下出血、脳内出血などの出血性病変に対しては迅速な手術対応、また閉塞性病変では脳神経内科と合同で超急性期の血栓溶解療法や、血管内手術を用いた血行再建を行う事により、奈良県の救急医療体制の重要な一翼を担っています。

 

リハビリに力を入れています

 後遺症の軽減を目指し、急性期からのリハビリ療法、併設の白川分院でのリハビリと社会復帰に向けての医療にも力を入れています。

ページの先頭へ