緩和ケア

 がん患者さんとその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするためには、緩和ケアが治療の初期段階から行なわれるとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面において切れ目なく実施される必要があります。
 当院では、がん患者さんの状況に応じ、身体的な苦痛だけでなく、精神心理的な苦痛に対する心のケア等を含めた全人的な緩和ケアを提供しています。
 当院の緩和ケアの取り組みとして、緩和ケアセンター、緩和ケア外来、疼痛等緩和ケア対策チームが設置されており、早期の段階から患者さんの視線に立ったケアが提供できるよう、院内横断的に活動を行っています。

ページの先頭へ