沿革

昭和10(1935)年天理教校よのもと会が「天理よろづ相談所」を開設。
医療・相談・厚生の3部を置き、全人的救済を目指す。
昭和12(1937)年私立病院許可。内科・小児科・レントゲン科の診療を開始。結核療養所開設。
昭和41(1966)年現在地に「財団法人天理よろづ相談所」開設許可。愛称を「憩の家」とする。許可病床数600床。
昭和42(1627)年天理高等看護学院(現・天理看護学院)天理衛生検査技師学校(現・天理医学技術学校)を開設
昭和44(1969)年別所分院を開設(昭和62年 新建物完成)→平成17年(2005) 閉院
昭和50(1975)年総合診療方式スタート、併せて卒後臨床研修レジデント制度スタート。
昭和51(1976)年南別館完成。「天理よろづ相談所」開設の41年後、漸次5度の増床を経て、当初計画通りの許可病床数1,001床に達する。
平成15(2003)年白川分院開設。病床数1,001床の中から、療養病棟 100床・精神神経科病棟 86床を分床する。
平成18(2005)年外来診療棟開設
平成23(2011)年公益財団法人 天理よろづ相談所として公益認定される。
ページの先頭へ